ノベルティの知識・情報  > 日常的に使えるココロに響くノベルティとは


 
日常的に使えるココロに響く
ノベルティとは
 
 
 ノベルティと聞いて、おまけ・粗品と思った方も多いのではないでしょうか。
街頭でもらったポケットティッシュ、企業アピールとしてもらったボールペン、
来場記念でもらった携帯ストラップ、特典としてもらった数々の販促品…
意外とたくさんありませんか。それは、特に自分が特に必要としていないモノを
貰ったときに強く感じるイメージです。
 日常的に使ってもらえるノベルティとはどんなモノなのか考えてみました。
 
 
1、ノベルティについて考えることが重要です。
 
 日常生活の中でノベルティを手にする機会があると思いますが、全ての
モノを残しておくのではなく、その中でも「使えないから処分しよう」
「使えるからとっておこう」という取捨選択をして、気にいったモノを
手元に残している場合が多いのではないでしょうか。

 最近では、断捨離やミニマリストという考え方が広まって、必要の無い
モノは手放してしまうという方が増えてきています。
これまでは、「欲しいかどうかは別として無料だからもらっておく!」
という理由でノベルティであれば何でも受け取っていただいていた方も、
これからは、「とりあえず今は欲しくない必要でないからいらない!」
という理由でノベルティを受け取ってもらえない可能性があります。

これからは、「どんなノベルティが手元に残って使ってもらえるか?」
を考えることが今まで以上に重要となってきました。
 
 
2、ノベルティはココロに響くかが重要です。
 
 自分が欲しいと思って入手したモノや、自分が好きなブランドのモノ、
入手するために苦労したモノなどは大事に使います。
 しかし、無料で手に入るノベルティを手元に残して使ってもらう為には
「どんなモノがもらえるとうれしいのか」を心を込めてしっかり考えて、
もらった方のココロに響くモノをを配布できるかが重要になってきます。
 好きな店やブランド・企業のノベルティならば、貰ってうれしいと思う
はずです。知らない企業のノベルティであっても、自分が必要としている
(ココロに響く)モノであれば、捨てずに使い続けようと思うはずです。
ノベルティを配布する際は、ターゲットのココロに響くモノをよく考え、
リサーチを行うことが何より大事です。
 
 
3、まとめてみると…
 
 無料で手に入るノベルティが世の中に溢れている今だからこそ、本当の価値を見出されたノベルティだけが使用され、大事にされます。
 だからこそ、ノベルティは企業の目的を達成する為の販促活動のひとつ
としてしっかりと考えていかなければなりません。

 不要だと判断されて受け取ってもらえない・捨てられるノベルティより
必要だと判断されて受け取ってもらえる・使ってもらえるノベルティを、
企業の目的を達成するための販促活動のひとつとして配布していくには、
ありふれたノベルティよりも、付加価値のあるノベルティを検討すること
が重要となります。
 

   

ノベルティの販促丸 ノベルティお任せ下さい
 




Copyright © 2015hansokumaru All Rights Reserved.