ノベルティの知識・情報  > ノベルティの目的について改めて考えてみると


 
ノベルティの目的について改めて
考えてみると
 
 
 ノベルティの目的について改めて考えてみると、自分の会社の事を他人に如何
に伝えるか、またその意義・社会的存在をどのように解釈するかというところに
繋がってきます。ウィキペディアによると、「ノベルティ(novelty item)とは、
原義では「珍しい事象や物」を指すが、近年では「企業が自社や商品の宣伝を
目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。ノベルティを
媒体とした広告をスペシャリティ広告(特殊広告)ともいい、プレミアム(景品)と
は区別される。また、「ノベルティアイス」のように、「廉価品」という意味で
使われる用法もある。」と書いてあります。
 
 
1、ノベルティは広告手法の一つです。
 
 ノベルティは広告手法の一つで、目的のために、無料で渡される・配布
される「贈りもの」を指します。企業イメージの向上や認知度への貢献の
ため、会社名・ロゴ・商品名などを入れることが多く集客・話題性の喚起・
維持する効果を期待されています。そのために、ノベルティを通じて如何
にお客様へ魅力を発信できるかが重要となってきます。
 
 
2、ノベルティは特別なモノです。
 
 使用シーンは様々です。イベントで配る、商品を買うと付いてくる、
キャンペーンの時だからもらえる、限定された場所でだけもらえる…
いずれも共通しているのは、特定の限定された日時に限定された場所・
シーンで入手できるということです。
ノベルティは、入手できる機会が「いつでもある・いつでももらえる」
というモノでなく「特別なモノである」ということです。
ではなぜ「特別なモノである」ノベルティに予算・費用を投入するのか?
目的は「企業(組織)の宿命である、売上・利益を上げるため」です。
 
 
3、ノベルティは販促活動の一つです。
 
 企業の目的を達成するための手段のひとつが、販促活動として配布する
ノベルティです。ノベルティは「期待値が高い・失敗しない」という企業
として求めるレベルがあります。企業にとってノベルティは、目的を達成
するための手段だからこそ失敗は許されません。仮に、失敗してしまった
場合のダメージはゼロではなく、むしろマイナスの評価につながります。これはノベルティには「期待値が高い・失敗しない」という企業として
求めるレベルがあるからこそ起こりうることです。
 
 
4、まとめてみると…
 
 ノベルティは、企業の目的である売上・利益を上げるための販促活動の
手段のひとつです。入手できる機会が限定された「特別なモノである」
ノベルティは、企業の目的を達成するための手段だからこそ失敗は許され
ません。御社の目的が達成できるノベルティをご検討ください。
 

 
次の記事→ 日常的に使えるココロに響くノベルティとは
 

ノベルティの販促丸 ノベルティお任せ下さい
 




Copyright © 2015hansokumaru All Rights Reserved.