ノベルティの知識・情報 > ノベルティで存在感UP!名入れで賢く宣伝!


 
ノベルティで存在感UP!
名入れで賢く宣伝!
 
 
 ノベルティはどのくらい需要UPに貢献出来るのか?費用に見合っているのか?
ノベルティを配布する事に対する費用対効果が近年とても重要視されています。
その最たる例として、街で見かけるティッシュ配り等が昔より減ってきてます。
しかし、ノベルティや販促品の活用方法を少し変えて考えてみれば、会社や商品
の存在感アップに繋がる可能性があります。
 
 

1、名入れはビジュアルが重要です。

 
 ポイントは名入れのビジュアルです。人は視覚で得た情報が一番効果的
です。その為、単に企業名・商品名等を文字情報で名入れするだけでなく
ロゴやイラストをうまく活用すると高いアピール効果が望めます。配布品
の良し悪しよりもロゴやイラストのイメージで人の認知度が大きく変わります。したがって、ノベルティに名入れする場合は、企業名・商品名だけでなく、ロゴやイラストをうまく活用し、強調し過ぎないメリハリのある
デザインである方が受け取った方へ好印象を与えられます。
 
 

2、名入れはアピール効果“大”です。

 
 企業アピールとしての販促品は、取引先との会話の序盤において関係性の潤滑剤となる役割を果たせば渡した意味があると言えます。そのような
理由から、“企業名や商品名を大々的に記載しなくても良いのではないか”
と考えらることもあります。ですが、ノベルティに企業名等を名入れする
ことにより会社の存在や商品名を取引先に意識付けることができます。

 企業名や商品名が名入れされたノベルティを相手が持ってさえいれば、
取引先がコチラのことを忘れてしまっても情報としてアピールできます。
そういった点を踏まえると、やはり企業名や商品名を入れておくことには
意味があり必要なことだと言えます。
 
 

3、認知度アップに繋がるプレゼントです。

 
「〇〇円以上お買い上げでオリジナルノベルティをプレゼント」や
「ご来店頂いた方、全員にオリジナルノベルティをプレゼント」など
認知度アップの為、オリジナルノベルティを配布することがあります。
このような企画により、消費者を販促品で取り込むことができ、企業名や
商品名が名入れされたオリジナルノベルティを使ってもらいます。
結果として、企業名や商品名を広く周知することができるので、認知度
アップに繋がります。
 
 
4、まとめてみると…
 
 販売促進(セールスプロモーション)を目的に、企業や商品の認知度
アップ、消費者へ購入を促す効果を期待して配布するノベルティですが、
ビジュアル(ロゴやイラスト)を用いて名入れすることにより高い効果が
得られます。名入れオリジナルノベルティを製作することによる、効率の
良いアピールをご検討ください。

   
次の記事→ ノベルティで展示会来場者の心をつかむ方法
 

ノベルティの販促丸 ノベルティお任せ下さい
 




Copyright © 2015hansokumaru All Rights Reserved.