ノベルティの知識・情報 > 喜ばれるノベルティを製作する5つの方法


 
喜ばれるノベルティを製作する
5つの方法
 
 
 多くの企業が販促として配布している【ノベルティ】ですが、新商品や企業の
宣伝、またはイベントの記念品として配布するなど様々な活用方法があります。
今回は、目的別に最適な物を選ぶ方法や注意点などを5つに分けて説明します。
 
 

1、相手の事を把握してノベルティを選ぶ配慮が必要です。

 
 ノベルティを配布する対象の顧客層(年齢・性別・業種など)を考慮して
ノベルティを選びましょう。例として、男性社員が多くいる企業に対して
女性向けのノベルティを配布してもあまり喜ばれません。
対象の顧客層をよく把握して喜ばれるノベルティを選びましょう。
 
 

2、顧客層に合わせて小ロットで製作する事も可能です。

 
 顧客層に合わせたノベルティを、小ロットで製作する方法もあります。
デメリットとしては、まとめて製作するよりも顧客層に合わせて小ロット
で製作する方が割高になってしまいます。
メリットとしては、顧客層に合わせているので配布後の反応が良いです。
 
 

3、流行のノベルティを製作するには注意が必要です。

 
 今、流行っているモノをノベルティとしてを製作・使用する際には注意
が必要です。理由として、流行遅れになった場合に配布しづらくなるから
です。流行モノは、イベント等で短期間に配布するのならば良いのですが
長期間の配布を前提に製作すると流行遅れになった時に不良在庫となって
しまいます。不良在庫を抱えないためにも流行のノベルティを製作する際
には気を付けましょう。
 
 

4、ノベルティに向いている商品を選ぶことも重要です。

 
 ノベルティに向いているグッズはどんなものか?という視点から考える
方法もあります。まず思いつくのは定番の生活用品や文房具です。
定番のポケットティッシュだけではなく、ウェットティッシュや絆創膏等
も選ばれています。また、定番のボールペンは根強い人気がありますが、
PC・スマホの普及で、タッチペンや液晶クリーナーなども多く選ばれる
ようになってきています。あとは食品です。飴・菓子や飲料など消費期限
が長いものであれば、選択肢の一つに入れてみても良いと思います。
 
 

5、オリジナルデザインでノベルティ製作も可能です。

 
 自社でオリジナルデザインのノベルティを製作するという方法です。
予算も高くつき、デザインを考えたりするのが面倒だ!と思っている方も
いると思いますが、オリジナルのデザインで製作したノベルティは贈った
相手へ与える印象が強いものになります。オリジナルデザインで製作する
ノベルティも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
6、まとめてみると…
 
 ノベルティを製作する際に気を付けたい点がいくつかあります。
贈った相手から喜ばれ、自社にとってメリットが出るものを考えてみては
いかがでしょうか。


 
次の記事→ 年始の挨拶回りで相手に喜ばれるノベルティ!
 

ノベルティの販促丸 ノベルティお任せ下さい
 




Copyright © 2015hansokumaru All Rights Reserved.