ノベルティの知識・情報 > ノベルティの活用で注意する5つのこと


 
ノベルティの活用で注意する
5つのこと
 
 
 ノベルティは、企業が自社の店舗や商品・サービスの認知度向上・消費者への 購入促進効果を期待して無料配布するモノです。ノベルティグッズにはポケット ティッシュなどの簡易的なモノから、バッグやステンレスボトル・タンブラー等 そのまま市場価値を持ちそうなモノまで様々な種類があります。
こうしたノベルティを販売促進活動などに活用するための5つの注意点について ご紹介します。
 

1、自社のことを思い出してもらえるモノが重要です。

 
 ノベルティを製作する際には対象の顧客層を把握する必要があります。
スーパーマーケットであればエコバッグや生活消耗品、ファッション関係 ならポーチや美容関連グッズなど、そのノベルティをきっかけに自社への 関心が高まるモノが望ましいです。製作するノベルティグッズはさらなる 販売促進につながるようなモノである必要があります。自社の業務内容と 関連のあるモノ、または関連を想起させるモノであれば、それを使用するたびに“自社のことを思い出してもらえる”というメリットもあります。
 
 

2、あまり目立ちすぎないモノが望ましいです。

 
 ノベルティに印刷するデザインは目立ちすぎないことが望ましいです。
せっかく作るのならば、なるべく大きく目立つようにしたいところですが もらった方が使いやすいデザインの方が喜ばれます。
例えば、エコバッグ等に店名や商品名が大きく目立つように入っていると
他の店や日常の生活ではちょっと使いづらいですよね。使ってもらう事が
前提なので、他の店や日常の生活で使いやすいデザインで、もらった方が
使いやすいモノである必要があります。
 
 

3、季節に合ったモノが喜ばれることが多いです。

 
 季節に合ったモノの方がもらった方に喜ばれる傾向があります。
例えば、屋外イベント等で無料配布されることが多い“うちわ”や“カイロ”
など使い捨てになってしまうことが多いですが、その場で使用してもらう
ことでイベントの思い出とともに、そのモノを配布した企業が印象に残ることもあります。その場でもらった方にはとても喜ばれます。
 
 

4、販売促進のために無料配布するモノです。

 
 注意すべき点として、高価なモノは使わない方が良いということです。
ノベルティは販売促進のために無料配布することが前提です。企業が自社
店舗や商品・サービス等の認知度向上、消費者への購入促進効果を期待して配布するモノなので、それに見合う費用対効果を考えて選びましょう。
ノベルティグッズはあくまでも販売促進の為に“無料配布”するモノです。
 
 

5、もらった方に喜ばれるモノが重要です。

 
 最後に、ノベルティグッズはもらった方に喜ばれることが重要です。
意外性があったり、あまり見かけない珍しいモノであることも重要です。
ありふれたモノでも、他のモノとは違う仕掛けがあったり、もらった後に
組み立てることができるモノなどは人気が高い傾向にあります。
重要なことはノベルティグッズをもらった方に喜んでもらうことです。
 
 
6、まとめてみると…     
   
 現在、さまざまな企業が顧客獲得のためにいろいろなノベルティグッズを製作・配布しています。差別化を図る為に、他社にはない魅力を持ったノベルティグッズを製作することが重要になってきます。どんなモノでも企業として伝えたいイメージやメッセージをモノの形で提供することで、その後の顧客獲得に影響してくる“広告媒体”であるということを意識する必要があります。
 
 
次の記事→ 多くの人に認知されるノベルティの選択方法
 

ノベルティの販促丸 ノベルティお任せ下さい
 




Copyright © 2015hansokumaru All Rights Reserved.